金属アレルギーになってしまう人

実はそのアレルギー、銀歯が原因かも?

銀歯を使用してもいいのか

歯の病気になって、抜くことになったら代わりに銀歯を埋め込みます。
しかし銀歯には、金属が使われています。
金属アレルギーの人が銀歯を使うとアレルギー反応が見られるので気をつけてください。
初めて銀歯を埋め込む人は、最初にパッチテストを実施すると安心ですね。
ですがパッチテスト反応が見られなかったからといって、銀歯を埋め込んでアレルギー反応が絶対に起こらないとは言い切れません。
症状が見られないか、自分の身体を常に確認してください。

金属アレルギーの反応が起こったら、皮膚症状が出ると言われています。
多いのが、手に湿疹が発生する症状です。
口内に銀歯を埋め込んだことが原因でも、症状はまったく別のところに現れると覚えておきましょう。
口の周りや、おなかに湿疹が起こるケースも多いです。
最初はアレルギーだと思わず、別の治療をしてしまう人がいます。
ステロイド剤の薬を塗っても良くならない場合は、金属アレルギーを疑ってください。

金属アレルギーの人は、銀歯を埋め込むことができません。
それでは歯の病気の治療ができないので、困ってしまいます。
最近は銀歯の代わりに、セラミックで作られた歯を埋め込む治療が人気です。
セラミックは金属を一切使用していないので、金属アレルギーの人でも大丈夫です。
さらにセラミックは白い部分も魅力です。
銀歯は口を開けると、目立ってしまいます。
白いセラミックだったら、目立たないので人目を気にしません。

アレルギーの原因になると覚えておこう

自分が銀歯を使用していいのか、事前に確認することをおすすめします。 銀歯を埋め込む前に、歯医者ではパッチテストをしてくれます。 銀歯でも、金属アレルギーの症状を起こすと忘れないでください。 以前アクセサリーなどで炎症を起こした人は、医師に伝えましょう。

反応が起こる部分はどこか

主に炎症が起こるのは、手や口の周りです。 その部分に炎症が起こっていないか、常にチェックしてください。 炎症が起こったら慌てて皮膚科に行く人がいますが、皮膚科ではステロイド剤を渡されて終わりになります。 ステロイド剤を塗っても治らなかったら、歯医者に行きましょう。

銀歯の代わりに使用するもの

金属アレルギーの人は、歯の治療ができないと不安を感じている人がいるでしょう。 最近は誰でも使用できる、セラミックを使って歯の治療をする歯医者が増えています。 セラミックは、金属が含まれていません。 銀歯ではアレルギー反応を起こしてしまう人でも、問題ありません。