アレルギーの原因になると覚えておこう

銀歯の危険性を知っておこう

歯を歯を抜いたら、そのままにしておくわけにはいきません。
放っておくと傷からバイ菌が侵入して、他の病気を引き起こす可能性があります。
また歯が抜けている状態では、うまく食べ物を噛むことができません。
代わりの歯が必要です。
そこで一般的に使われているのが銀歯ですが、金属が使われていることを忘れないでください。

銀歯を埋め込んだ後に、アレルギー反応が起こる人が見られます。
それは、銀歯の影響なので歯医者に相談してください。
銀歯に使われている金属はごくわずかですが、それでも敏感な人は反応します。
軽度のアレルギーだから、自分は大丈夫だと油断しないでください。
他の金属は軽度でも、銀歯は大きな影響を受けることもあります。

パッチテストを受けてみよう

金属アレルギーが心配だったら、パッチテストを事前に受けてください。
その時に反応が出たら、金属アレルギーを持っているので銀歯の仕様を避けてください。
身体に大きな被害が出る前に気づけるので、パッチテストを医師にお願いしましょう。
パッチテストで反応が出なくても、実際に銀歯を埋め込むと反応が現れるケースも見られます。

パッチテストの結果を、100パーセント信用しないでください。
銀歯を埋め込んでから数日は、自分の身体をよくチェックしてください。
すぐではなく、日にちが経過してから徐々に反応が起こることが考えられます。
早く気がついて医師に相談すれば、適切な対処をしてくれます。
被害が、それ以上大きくなることはありません。


この記事をシェアする