反応が起こる部分はどこか

皮膚に注目しよう

口内に銀歯を埋め込んで、金属アレルギーの反応が起こると異変は口内に見られると思っている人がいます。
しかし原因は口内の銀歯でも、異変は手や口の周りに現れるのでよく確認してください。
対応は、早いうちに済ませておきましょう。
悪化すると、症状が治るまで時間が掛かってしまいます。
また放置することも、絶対に避けてください。

放置しても、アレルギーの症状はよくなりません。
医学の知識を持っていない人が勝手な判断で、市販の薬を塗ると悪化する可能性があります。
きちんと医師に相談してください。
医師なら正しい判断をしてくれるので、初期症状のうちに治療できます。
身体中に湿疹が広がると、人目をきにして外を出歩けなくなってしまいます。

歯医者に相談すること

皮膚に異変が訪れると、皮膚科に行く人が多いと思います。
ですが金属アレルギーの原因が銀歯なら、歯医者に行くことをおすすめします。
処置を担当した医師に、治療してから身体に湿疹が見られるようになったと伝えてください。
皮膚科に行くと、とりあえずステロイド剤を処方されます。
一時的にはステロイド剤で治るかもしれませんが、また再発することがあります。

再発するたびにステロイド剤を塗っていると、次第に身体が慣れてしまいます。
身体が慣れるとこれまでのステロイド剤が効かないので、もっと強力な薬を処方してもらいます。
身体に与えられる負担が大きいので、あまりステロイド剤に頼らないでください。
最初から歯医者に行って、治療しましょう。


この記事をシェアする